夏バテ予防にサプリで勝つ|健康食品で対策・予防で神回避

夏バテの原因と対策

夏バテの原因について

冷やされた野菜

暑い夏は汗をかいて体温調節を行っていて、体の熱を放出する機能を持っています。 しかし、エアコンの利いた部屋にずっといたり、外と室内を往復したるすると、体温調節が正しく行われなくなり、夏バテの原因になります。 また、夏に涼しい部屋に長時間いると汗腺が退化してしまって、体温調節の元となる汗を上手にかけなくなり、体に熱がこもった状態になって、体が疲れて体力を奪われてしまいます。 また、夏は冷たい食べ物や飲み物が心地よい季節です。 しかし、冷たいものは体を冷やしてしまって、内臓や消化器官の働きを低下させてしまうため、食欲がなくなって夏バテを起こしてしまいます。 エアコンの使用を控えたり汗をしっかりかけるように運動したり、冷たい食べ物を取り過ぎないように注意しましょう。

サプリメントの活用

夏バテ対策に重要なのは、しっかりと毎日栄養バランスの取れた食事を取ることです。 特にビタミンB群やクエン酸は疲労回復や健康増進などに効果がありますから、積極的に取るのが良いでしょう。 夏バテで食欲が落ちていて十分に栄養を摂取できない場合には、サプリメントなどを活用するのがおすすめです。 ビタミンB群はマルチサプリメントから取ることができますし、他のビタミン類も健康維持に役立ちますから、上手く活用するのが良いでしょう。 クエン酸はお酢や梅干し、レモンなどに含まれている成分です。 夏には爽やかなお酢を使ったサワードリンクや、レモンジュースなどなら飲みやすいですし、クエン酸を効率的に摂取することができます。 酸っぱいものが苦手ならサプリメントもありますから、取り入れてみるのが良いでしょう。